忍者ブログ
汽車はまだ出発したばかり
映画レビュー200本を超えました♪ 月に約8本がDMMレンタルで、 残りは近所のDVDレンタル屋さんで借りてます。
[327]  [326]  [325]  [324]  [323]  [322]  [321]  [320]  [319]  [318]  [317
2017-08-22 [Tue]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007-11-06 [Tue]
貸出開始日: 2006/08/25 
製作年: 2005年 
製作国: 韓国 
収録時間: 101分 

出演者: カン・ドンウォン ハ・ジウォン アン・ソンギ ソン・ヨンチャン 
監督: イ・ミョンセ 
製作: ---- 
脚本: イ・ミョンセ イ・ヘギョン 


時代を超えて胸に迫る、宿敵同士の切ないラブ・ストーリー。カン・ドンウォン扮する刺客と、ハ・ジウォン扮する女刑事の、愛と宿命の闘い。朝鮮王朝時代。果敢な女刑事ナムスンは、先輩刑事のアンと共に偽金の出所を突き止めるべく、捜査を開始する。やがて2人の捜査線上に、“悲しい目”をした刺客が浮上してきた。だが女刑事ナムスンと刺客“悲しい目”は、剣を交えるごとに、互いの胸に一途な想いを募らせていく。


<お前の名を久しく呼んでいない。なんという名だった?>

ストーリーはなんのひねりもなくありきたり。
特筆すべきは”悲しい目”を演じたカン・ドンウォンの美しさと、ナムスンを演じたハ・ジウォンの口がいったいどこまで曲がるんだ!?ってとこかな。

中学生の頃、いじめられて頭から水をかけられた男の子に「水もしたたるいい男って言うじゃん」と慰めともつかない無責任なコトバを投げかけてからというもの、果たして”水もしたたるいい男ってどんな男だ?”と疑問に思っていた。

でもカン・ドンウォンを見ておもったよ
それは水分含有量の多い男!
肌も髪も瞳もやたらウルウルシットリしてるのよ
きっとこういう男性は口から吐く息が冷たくて爽やかなんだろうなー
静電気とは無縁なんだろうなー

と、まったくストーリーとは関係ないものをみている間に、終わってしまいましたヾ(´▽`*;)ゝ"
PR
COMMENT
Name
Title
Color
Mail
URL
Text
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
TRACKBACK
TrackbackURL:
引越しのおしらせ
jyony (11/23)
『アポカリプト』
よよ(ラムでもアリ;; (05/10)
『アポカリプト』
Jyony (05/09)
『ハウルの動く城』
Jyony (05/09) 返信済
『親切なクムジャさん』
Jyony (05/09) 返信済
『蝿の王』
IIWorld (05/04) 返信済
『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』
くまんちゅう (04/10) 返信済
『あるいは裏切りという名の犬』
non (04/07) 返信済

Copyright © 汽車はまだ出発したばかり All Rights Reserved.
PhotoMaterial by Kun  Template by Kaie
忍者ブログ [PR]