忍者ブログ
汽車はまだ出発したばかり
映画レビュー200本を超えました♪ 月に約8本がDMMレンタルで、 残りは近所のDVDレンタル屋さんで借りてます。
[331]  [330]  [329]  [328]  [327]  [326]  [325]  [324]  [323]  [322]  [321
2017-06-29 [Thu]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007-11-09 [Fri]
貸出開始日: 2007/03/21 
製作年: 2006年 
製作国: イギリス 
収録時間: 109分 
出演者: クライヴ・オーウェン ジュリアン・ムーア マイケル・ケイン チャーリー・ハナム キウェテル・イジョフォー 
監督: アルフォンソ・キュアロン
 製作: エリック・ニューマン トニー・スミス ヒラリー・ショー マーク・エイブラハム 
脚本: デイビッド・アラタ アルフォンソ・キュアロン ティモシー・J・セクストン ホーク・オツビー マーク・ファーガス 
詳細: 原作:P.D.ジェイムズ 
西暦2027年。人類にはすでに18年間、子供が誕生していなかった。この地球を引き継ぐものは、いずれ途絶えてしまう。エネルギー省官僚のセオは、人類の未来はおろか自分の将来でさえ興味のない、絶望を生きる男。ある日、彼はジュリアン率いる地下組織FISHに拉致される。目的は“通行証”。彼らは極秘裏に、未来を変えるひとりの“ある少女”を、ヒューマン・プロジェクトに引き渡すプランを企てていた…。

人間が生殖機能を失って18年、2027年が舞台です。
子供がいない世界ってどうだろうっ!?
”自殺薬”なるものが政府から配給されるほど、人類は絶望しきっています。

自分の子供に限らず、全世界に子供がひとりもいないということは、100年も経たずに地球から人類が消えるということですよね。
じわじわじわじわと砂崩しみたいに人類が減って、最後の1人が途絶えたらもう「人口ゼロ」です。
そう考えると、子供ってほんとうに人類の希望であり宝なのですね。
人間がなんのために生きるかって、その先に未来があるって思えるからなのかも知れないな。

物語もよかったのだけれど「子供のいない世界」という設定にとても興味がありました。
子供がいないと、世界ってこんな風になっちゃうんだぁ・・・
ストップ!少子化!!!

あたし!もうひとり産むか!??
・・・・・・・・・・えぇぇぇぇ(゜Д゜)
PR
COMMENT
Name
Title
Color
Mail
URL
Text
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
自殺業について
悲観した未来の物語って、自殺業とか、自殺が認められている場所
とか、自殺を肯定するストーリーって結構ありますよね。
まぁ 物語だし・・・・・と思って現実を考えてみると、・・・・はっ!
自殺する人って結構増えているんですよね。
物語に現実が追いついてきているのかなぁ・・・・・って考えてしまいます。
IIWorld 2007/11/11(Sun)21:53:09 編集
Re:自殺業について
物語の中では自殺するというより、バンバン人を撃ってましたね。
自殺するのは怖いから、バンバン撃って自分も撃たれちゃってもいいや~
お互いどうだっていいや~って感じなのでしょうかね。

まったく望みが無くなったら、死ぬか殺すかっていうのが究極なのでしょうか。
怖いですね><
管理者:よよ。 2007/11/12
TRACKBACK
TrackbackURL:
引越しのおしらせ
jyony (11/23)
『アポカリプト』
よよ(ラムでもアリ;; (05/10)
『アポカリプト』
Jyony (05/09)
『ハウルの動く城』
Jyony (05/09) 返信済
『親切なクムジャさん』
Jyony (05/09) 返信済
『蝿の王』
IIWorld (05/04) 返信済
『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』
くまんちゅう (04/10) 返信済
『あるいは裏切りという名の犬』
non (04/07) 返信済

Copyright © 汽車はまだ出発したばかり All Rights Reserved.
PhotoMaterial by Kun  Template by Kaie
忍者ブログ [PR]