忍者ブログ
汽車はまだ出発したばかり
映画レビュー200本を超えました♪ 月に約8本がDMMレンタルで、 残りは近所のDVDレンタル屋さんで借りてます。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5
2017-07-23 [Sun]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008-05-10 [Sat]


ブラジルから来た少年
貸出開始日: 2004/01/23
製作年: 1978年
製作国: イギリス
収録時間: 125分
出演者: ローレンス・オリヴィエ ジェームズ・メイソン リリー・パルマー
監督: フランクリン・J・シャフナー






第二次世界大戦後、ナチの残党はあちこちに潜んでいた。その中でナチ再興を目論むメンゲレがいた。なんと、ヒトラーのクローン人間を作り出すという、陰謀を計画していた!

ヒトラーが没したあとのナチ党員のその後など、私は考えたこともなかったので興味深く観ました。
しかもこのメンゲレという人物は実在の人で、アウシュビッツ収容所ではその冷酷さから「死の天使」と恐れられていたとか・・・
そこでは人体実験を繰り返し、人間を死に至るまで凍らせてみたり、生きたまま解剖したりとやりたい放題だったようです。劇中でも描かれているとおりに双子を(実験対象として)好み、角膜に色素を注入して目の色を変えるということもしていたようです。

ヒトラーのクローンについてはフィクションだろうと信じたいけれど、ここまで実際の人物となぞらえて描かれるとリアルに怖いです。有り得なくもないかと思ってしまいます。

このメンゲレをグレゴリー・ペックが演じていますが、ヒトラーと被るほど狂信的な薄気味悪さがスバラシイです。
PR
2008-05-10 [Sat]


ブレイブ ワン 特別版

貸出開始日: 2008/03/07
製作年: 2007年
製作国: アメリカ
収録時間: 122分
出演者: ジョディ・フォスター テレンス・ハワード ニッキー・カット メアリー・スティーンバージェン ジェーン・アダムス ナヴィーン・アンドリュース
監督: ニール・ジョーダン
製作: ジョエル・シルバー スーザン・ダウニー
脚本: ロデリック・テイラー
ある日、エリカと婚約者デイビッドは愛犬を連れた散歩中に3人組の暴漢に襲われ、デイビッドが命を落としてしまう。幸せの絶頂を目前に絶望の淵へ突き落とされたエリカ。ある時、偶然入ったコンビニの中で銃殺現場に遭遇、自分も狙われたエリカはとっさに銃の引き金を引くのだった…。

<自分の中の見知らぬ他人>
犯人への復讐をテーマにした作品は多く、そのたびに頭を抱えてしまう。
犯人を同じ目に、もっと酷い目にあわせてやりたい、復讐したいと思う気持ちは真っ当だけど、実際に果たすとして気持ちはスッキリするのかな?被害者は戻ってくるのかな?
あぁ、でも復讐せずにはいられないものなんだよね、きっと。
復讐は良くないとはいっても、復讐させるような行為をした人がいた結果であるわけだし。

自分ならどうするかは別として・・・
時間は元には戻せないし失った命は帰らない、そして自分がした行為も自分自身を元の自分には戻してくれない。
犯罪は多くの人の人生を狂わせるとっても罪深いものだよね。
2008-05-02 [Fri]


蝿の王
貸出開始日: 2004/01/09
製作年: 1990年
製作国: アメリカ
収録時間: 90分
出演者: バルサザール・ゲティ クリス・フュール ダニュエル・ピポリー バジェット・デイル
監督: ハリー・フック

無人島に漂流した少年たちを題材に、人間の心の奥に潜む『善と悪』に深く切り込んだ作品。アメリカの陸軍幼年学校の生徒たちを乗せた飛行機が墜落した。何とか一命を取り留めた24人の少年たちは、近くの無人島へ漂着するが、彼らは世間から隔絶されたこの島で、己の内に秘めた野性に目覚め、理性と秩序を失ってゆく。

<なにかあったとしたら、それは自分たちが招いたことだ>
無人島に取り残されたら、理性を持って生きられるかどうか。
なりふり構わず、食べること、生きること、小さな集団の中でいかに権力を持つかに執着してしまうのは私も同じだと思う。
だからこの少年たちを責めることはできないのだけど・・・
無人島まで行かなくても簡単に同じ状況になってしまうことがあるんじゃないかと考えると、ゾッとします。
自分たちが恐怖する"ケモノ"に自ら陥ることの恐ろしさ、ラストシーンで現実に戻った少年たちの顔がなんとも切なく思いました。


この映画の基となった同名小説を何年も前から読んでいるのだけど、まだやっと半分まできたところ。
長いお話ではないのだけど、古い作品ではあるし、面白くなってくるまでに時間がかかかるようで・・・でも挫折はしたくない・・・
そんなとき、映画化されているのを知りました。天の救いぃぃ。
これで小説の続きも読みやすくなりました。
2008-03-01 [Sat]

ブラック・スネーク・モーン
貸出開始日: 2008/01/11
製作年: 2006年
製作国: アメリカ
収録時間: 115分
出演者: サミュエル・L・ジャクソン S・エパサ・マーカーソン ジャスティン・ティンバーレイク クリスティーナ・リッチ
監督: クレイグ・ブリュワー
製作: ロン・シュミット ジョン・シングルトン ステファニー・アレイン
脚本: クレイグ・ブリュワー


『ハッスル&フロウ』のC・ブリュワー監督、サミュエル・L・ジャクソン、クリスティーナ・リッチの主演で贈る衝撃作。‘監禁’という異常なシチュエーションで結ばれていく傷付いた男女の心を、ブルースをモチーフに描く。

<勇気をかき集め、君の人生を生きるんだ>
鎖で縛っちゃったり、ムチで叩いちゃったりするのかしら・・・と思ったらそれほど強烈なものではありませんでした。
妻に捨てられた男ラズが、性的虐待によりSEX依存症になってしまったレイを拾い、犬のように鎖でつなぎ彼女の中の”悪魔”を追い払おうとする。
傷を負ったものが他人の傷を治し、そして同時に自分も癒されていく、そしてその連鎖。

サミュレル・L・ジャクソンはメチャメチャ南部の男!!!といった感じ。ギターを弾きながら歌う場面やレイの恋人を諭す場面なんかは、若手の俳優には到底無理な演技で魅入りました。
そしてクリスティーナ・リッチの体当たりな演技にも脱帽です。
モンスターで共演したシャーリーズ・セロンの役者魂を見習ったのか?と感じました。
3月1日、今日から公開のブタ鼻の「ペネロピ」も期待してます♪

2008-02-26 [Tue]

ペット・セメタリー
貸出開始日: 2004/02/06
製作年: 1989年
製作国: アメリカ
収録時間: 103分
出演者: デイル・ミッドキフ フレッド・グウィン デニース・クロスビー ブレーズ・バーダール
監督: メアリー・ランバート





スティーブン・キングが自身の同名小説を自ら脚本化したホラー。ペット・セメタリー(動物墓地)の禁断の場所に埋葬された猫が生き返った!このことを知ったルイスが交通事故で死んだ幼い息子の遺体を禁断の場所へと埋葬することに…


<時には死のほうがいい>
生きているとあまりにも悲惨で過酷な出来事に遭うことがある。そして「この経験を生かして前に進もう」などとは到底考えられない事態にぶつかったとき「無かったことにしたい」と願うのは無理もない事だと思う。
まして最愛の息子を自分の不注意から死なせてしまったとしたら。
たとえどんなカタチでもいい、もう一度この手で抱きしめたい、体温を感じたい。想像もしたくないことだけど、私だったらそう思うだろう。

主人公の行為に「やめとけ~hh」と思いつつ、でもその気持ちもわからないでもなくて、衝撃的なラストも「まだ懲りないのか?やめとけ~hh」と思いつつ、そこでもまた同情してしまう。
イケナイことなのも上手くいきっこないことも、重々解っているのに不思議。


墓場から掘り起こされ蘇らされてしまった息子が「ずるい、すごくずるい」と言うのは、とても切なかった。
2008-01-19 [Sat]

*この記事は旧ブログに置いてきてしまったものを、一部修正して再掲していますmm


出開始日: 2005/11/16
製作年: 2004年
製作国: 日本
収録時間: 119分
出演者: 倍賞千恵子 木村拓哉 美輪明宏 我修院達也
監督: 宮崎駿







愛国主義全盛の時代。王国の兵士たちが今まさに、戦地に赴こうとしている。荒地には、美女の心臓をとって喰らうという魔法使いハウルの、動く城まで現れた。ある日、18才のソフィーは町で青年と出会い、束の間の空中散歩を体験する。その夜、荒地の魔女に呪いを掛けられ、90才のお婆ちゃんに姿を変えられてしまったソフィーは、ハウルの棲む城があるという、人里離れた荒地を目指すのだった。

夕方の忙しい時間、子供に見せておいてその隙に家事を片付けようと思ったのですが・・・
いやぁ〜〜><子供に混じって最後まで見てしまいました
私のなかの「ジブリランキング」では「パンダコパンダ」を抜いて一位ですね。
気になっていたカカシのカブ(大泉洋ちゃん)も堪能できましたし^^;

それぞれ登場人物が実に魅力的で、わたしもハウルに恋しながらみていました
私もあんなハウルの動く城で暮らしたいなぁ♪
2008-01-08 [Tue]
*この記事は旧ブログに置いてきてしまったものを、一部修正して再掲していますmm



貸出開始日: 2006/03/03
製作年: 2005年
製作国: アメリカ
収録時間: 106分
出演者: ヨアン・グリフィズ ジェシカ・アルバ マイケル・チクリス クリス・エヴァンス
監督: ティム・ストーリー
製作: ----
脚本: マーク・フロスト
詳細: 原作:スタン・リー


宇宙放射線を浴び、DNAが変化してしまった男女5人。それによりあらわれた特殊な能力に戸惑いながらも、遭遇した事故現場で能力を駆使し人々を救助した4人は、いつしか世間に注目されるようになり、“ファンタスティック・フォー”と呼ばれるようになる。その一方で、残りの1人は深い絶望と怒りから、邪悪な存在へと変身し、善と悪に分かれた因縁の5人の戦いが幕を開けた! 


原作がアメリカンコミックという、そのままの娯楽性を感じました。
アメリカンヒーロー登場!!!
宇宙嵐に巻き込まれてDNAが変異した4人(敵役にもう1人)は、それぞれ特異体質になってしまう。

体がゴムのようになって自由に伸ばせるリード
透明人間のスー
体を発火させて空をとぶジョニー
岩だらけの体になって怪力を発揮するベン
子供たちも派手なアクションを大喜びで楽しんでいました。

2作目のファンタスティック・フォー 銀河の危機のレンタルも間もなく始まります。
確か全身が銀色に光るサーファーが悪役で登場するはず。みようかな~?どしよかな~?
2007-11-14 [Wed]
出開始日: 2005/07/22 
製作年: 2005年 
製作国: 韓国 
収録時間: 121分 
出演者: ソン・ガンホ シン・ハギュン ペ・ドゥナ 
監督: パク・チャヌク 






リュは腎臓病の姉のために臓器密売組織を訪れるが、全財産を巻き上げられてしまう。絶望したリュに、恋人のヨンミは、誘拐の提案をするが…。

<俺がお前を殺すのも、わかるだろ?>
あ~あ~あ~
まったく救いのないお話です。
この「復讐者の憐れみを」→「オールドボーイ」→「親切なクムジャさん」で”復讐三部作”となるそうですが、もしかしたら一番後味が悪いかもしれない。
目には目をというけれど、復讐は復讐を生み、なにも生み出さないということを痛いくらいに感じさせてくれます。
実際、見てて痛かったケド;;(流血量はクムジャさんがダントツ)

目を覆うような衝撃的な場面が多かったけれど、エレベーターの中でリュとヨンミが手を繋ぐ場面は緊張感とLOVEな感じがすごくよかった。
あれって、どんな気持ちだったろう・・・・

2007-11-03 [Sat]
貸出開始日: 2004/09/29 
製作年: 2004年 
製作国: アメリカ 
収録時間: 90分 

出演者: ベン・スティラー ジェニファー・アニストン アレック・ボールドウィン フィリップ・シーモア・ホフマン ハンク・アザリア デブラ・メッシング 
監督: ジョン・ハンバーグ 
製作: ジェーン・バーテミル ステイシー・シェア ダニー・デヴィート マイケル・シャンバーグ 
脚本: ジョン・ハンバーグ 

保険会社のリスク査定員ルーベンは新婚旅行先で妻・リサに浮気され、ひとりNYに戻る。傷心のまま親友に連れて行かれたパーティで、中学時代の同級生・ポリーと再会。リスク覚悟で彼女と付き合うことを決めたのだが…。ジェニファー・アニストン主演のハートフル・コメディー。


<カバを見習え>
いいな~こういうカップル
なんか共感できて、そんでメチャクチャ笑える~
ルーベンはリスク査定のプロだけあって、帰りに事故にあう確立は何%、カウンターのボウルにあるナッツでお腹を壊す確立は・・・なんていつも計算してる。
新婚旅行で浮気をした妻と、カギをいつもなくし定職もないポリーとどっちがリスクが少ないか、なんて計算ももちろんしちゃう。
でもルーベンみたいに専用のリスク査定ソフトを持っていないだけで、私も日常で査定することは多いなぁ・・・
みんなもそうだよね?
交際相手に限らず、「こっちとこっち、どっちがいいかな?」って。
でもほんとうに大事なコトは、リスクで決めることなんてできない。
ポリーが踊るサルサみたいに、ココロとカラダが感じるままに決断するのが吉だよね。

笑えるシーンも満載で、なぁ~~んか幸せになれる映画でした。
2007-10-13 [Sat]
レンタル開始日: 2006/11/03 
製作年: 2005年 
製作国: アメリカ 
収録時間: 105分 

出演者: イライジャ・ウッド ボリス・レスキン ユージン・ハッツ ラリッサ・ローレッド 
監督: リーブ・シュライバー
製作: マーク・タートルトーブ 
脚本: リーブ・シュライバー 
詳細: 原作:ジョナサン・サフラン・フォア 



ある日、祖父の命の恩人だという女性を捜すため、ウクライナに旅立ったジョナサン。現地で彼を出迎えたのは、ブロークンな英語しか話せない通訳兼ガイドに、目が見えないと主張するドライバーと盲導犬だった。強烈なカルチャー・ショックを受けながらも、祖父の足跡を辿るジョナサンは、やがて思いもしなかった過去の物語を紐解いていくこととなる…。


<彼女も、コレクターだ>

うぅ~ん、とても見たあとの感じがいい感じぃ~
陽気で楽しくて、でもうんと切なくて哀しくて・・・・

まず音楽が楽しめます。どんなジャンルなのでしょうか。
♪あま~りし、あまり♪あまりちりぃぼぉりぃ~♪
あぃ、ららららぃらぃらぃらぃらぃ♪どぅいどぅいれしぇどぅい・・・♪
ウクライナの言語なのでしょうか、意味はわからないけど一緒に口ずさんで陽気な気分になれます。

主人公のジョナサンは”家族のものコレクター”
祖父の恩人を探しに旅にでるのですが行く先々でくだらない(?)ものをジップロックにしまいこむ姿がたまりませんhhh

彼はこの旅でどんなものをコレクションに加えるのかな?
コレクションて”モノ”ではあるけれど、その奥にはいろいろな思い出や思いが隠されていて・・・
引き出しのツマミのようなものかな?とふと思いました。
私がDVDを観たあとでこのブログに感想をコレクションするのに似ている気がしました。
HOME次のページ ≫
引越しのおしらせ
jyony (11/23)
『アポカリプト』
よよ(ラムでもアリ;; (05/10)
『アポカリプト』
Jyony (05/09)
『ハウルの動く城』
Jyony (05/09) 返信済
『親切なクムジャさん』
Jyony (05/09) 返信済
『蝿の王』
IIWorld (05/04) 返信済
『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』
くまんちゅう (04/10) 返信済
『あるいは裏切りという名の犬』
non (04/07) 返信済

Copyright © 汽車はまだ出発したばかり All Rights Reserved.
PhotoMaterial by Kun  Template by Kaie
忍者ブログ [PR]