忍者ブログ
汽車はまだ出発したばかり
映画レビュー200本を超えました♪ 月に約8本がDMMレンタルで、 残りは近所のDVDレンタル屋さんで借りてます。
[300]  [299]  [298]  [297]  [296]  [295]  [294]  [293]  [1]  [35]  [36
2017-12-15 [Fri]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007-09-23 [Sun]
レンタル開始日: 2006/06/23 
製作年: 2005年 
製作国: ベルギー/フランス 
収録時間: 91分 
出演者: ジェレミー・レニエ デボラ・フランソワ ジェレミー・スガール オリヴィエ・グルメ 

監督: ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ 
製作: ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ デニス・フレイド 
脚本: ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ 




2005年カンヌ国際映画祭パルムドール大賞受賞作品。「ロゼッタ」「息子のまなざし」のジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ監督による美しくも力強い奇跡の傑作!!痛みを知ること、それは、やさしくなること…。20歳のブリュノは毎日仲間と盗みをして暮らしている。恋人のソニアは18歳で、ある日二人の間に子供が出来るが、実感のないブリュノは子供を売ってしまう…。 

ウフフ♪キャハハ♪
追いかけっこでジャレつくなんて、オマイラ中学生か!?
と、思わず突っ込みを入れたくなるようなブリュノとソニアの幼いカップルに子供が生まれた。

その日暮らしで明日のことさえ見えないブリュノに、親としての自覚を持てというほうがムリだろうけど、ほんとうに危なっかしい。
暮らすためとはいえ、盗みをするとはどういうことなのか
捕まったらどうなる?盗られたほうの相手の気持ちは?そんなことを考えもしないから、お金になると聞けば安易に自分の子供さえ売ってしまう。
お金をみればソニアも喜ぶと思ったのか?自分の子供をお札に替えられて??

タイトルの「ある子供」というの、生まれた子供のことでもあるだろうけど、ブリュノ自身なんだね。

PR
COMMENT
Name
Title
Color
Mail
URL
Text
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
TRACKBACK
TrackbackURL:
引越しのおしらせ
jyony (11/23)
『アポカリプト』
よよ(ラムでもアリ;; (05/10)
『アポカリプト』
Jyony (05/09)
『ハウルの動く城』
Jyony (05/09) 返信済
『親切なクムジャさん』
Jyony (05/09) 返信済
『蝿の王』
IIWorld (05/04) 返信済
『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』
くまんちゅう (04/10) 返信済
『あるいは裏切りという名の犬』
non (04/07) 返信済

Copyright © 汽車はまだ出発したばかり All Rights Reserved.
PhotoMaterial by Kun  Template by Kaie
忍者ブログ [PR]