忍者ブログ
汽車はまだ出発したばかり
映画レビュー200本を超えました♪ 月に約8本がDMMレンタルで、 残りは近所のDVDレンタル屋さんで借りてます。
[234]  [238]  [239]  [241]  [242]  [255]  [270]  [273]  [283]  [284]  [287
2017-12-15 [Fri]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2006-01-02 [Mon]

マツの木の王子
発売日: 1999/12
著者: キャロル=ジェイムズ





マツの林のまん中で一本だけ伸びるシラカバ。マツの王さま、王妃さまをはじめマツたちは皆、冷たくあしらいますが、マツの王子だけはしだいに美しく育つこのシラカバの少女に惹かれていき…。強く優しい恋物語。再刊。


大掃除のときに押入れの奥から発掘された「マツの木の王子」を読みました
1960年代に出版された児童書の復刻版です「木のなかでいちばんすぐれている木」であるマツの林の中心、王と王妃と王子様の立つ場所に、ある日シラカバの少女が芽をだし美しく育ちます
王や周りの貴族たちはこのマツでない「よそ者」を意地悪をして追い出そうとするのですが、ついにキコリに頼んでシラカバを切り倒してしまいます
彼女に恋をしていた王子様はショックで倒れ、シラカバの少女と一緒にキコリによって売られていきます
そこからふたりの長い旅が始まるのですが、どんなときにもシアワセをみつけお互いを思いやる二人の姿は清々しい美しさがありました。
愛するものどうし、こんな風に愛を貫けたらすばらしいなーと思うのです。
主人公が「木」だからなのか、森林浴のような気持ちのいい読み心地でした
PR
COMMENT
Name
Title
Color
Mail
URL
Text
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
TRACKBACK
TrackbackURL:
引越しのおしらせ
jyony (11/23)
『アポカリプト』
よよ(ラムでもアリ;; (05/10)
『アポカリプト』
Jyony (05/09)
『ハウルの動く城』
Jyony (05/09) 返信済
『親切なクムジャさん』
Jyony (05/09) 返信済
『蝿の王』
IIWorld (05/04) 返信済
『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』
くまんちゅう (04/10) 返信済
『あるいは裏切りという名の犬』
non (04/07) 返信済

Copyright © 汽車はまだ出発したばかり All Rights Reserved.
PhotoMaterial by Kun  Template by Kaie
忍者ブログ [PR]