忍者ブログ
汽車はまだ出発したばかり
映画レビュー200本を超えました♪ 月に約8本がDMMレンタルで、 残りは近所のDVDレンタル屋さんで借りてます。
[241]  [242]  [255]  [270]  [273]  [283]  [284]  [287]  [288]  [292
2017-09-24 [Sun]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2005-08-17 [Wed]

仕事から帰ってきたパパに娘が飛びつく
「ぱぱぁ、今日のゴハンはおいしいよ♪ママが本見ながら作ってたから〜キャピキャピw」
ママが煮物をしながら読んでいたのは料理本ではなくて『嫌われ松子の一生』であるぞ、娘!!!
あんまりキャピキャピとパパに甘えるなっ><(どうせヤキモチよっ!ふんっ)


嫌われ松子の一生 上
発売日: 2004/08
著者: 山田宗樹
シリーズ: 嫌われ松子の一生


松子は完璧な面も持ちながら、弱いところはグズグズな人
人生においての判断で、つい負を選んでしまう性。
不運で男運が悪く、それでも愛にすがりつく。
でも妙に私は共感してしまうんだなー「バカなヤツ」なんて誰にもいえないと思う。人間だもんな。そりゃ簡単にはいかないさ。
人生、巻き戻して好きなところでやり直せればいいのに。。。


最後のシーンはさすがに切なく、神妙になるけれども
ソープ嬢の描写がエッチ心に興味深かったのも確か
「へ〜〜><こんなあんなそんなぁ〜〜」なんてね^^;
ソープ嬢の描写も刑務所の描写も実に細かくてリアリティを感じたのだけれど、本の最後にたくさんの参考文献が紹介されていました。
当然なのだろうけど、こういう基礎があってはじめていい作品が書けるのだと感じました。

映画化が決まり、女優の中谷美紀さんが松子を演じるとのこと

彼女本人も、松子を演じるために今まで仕事をしてきたのかも知れないといったそうですが

私もイメージにピッタリな役だと思います、中谷美紀さんの代表作になればいいな。

PR
COMMENT
Name
Title
Color
Mail
URL
Text
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
TRACKBACK
TrackbackURL:
引越しのおしらせ
jyony (11/23)
『アポカリプト』
よよ(ラムでもアリ;; (05/10)
『アポカリプト』
Jyony (05/09)
『ハウルの動く城』
Jyony (05/09) 返信済
『親切なクムジャさん』
Jyony (05/09) 返信済
『蝿の王』
IIWorld (05/04) 返信済
『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』
くまんちゅう (04/10) 返信済
『あるいは裏切りという名の犬』
non (04/07) 返信済

Copyright © 汽車はまだ出発したばかり All Rights Reserved.
PhotoMaterial by Kun  Template by Kaie
忍者ブログ [PR]