忍者ブログ
汽車はまだ出発したばかり
映画レビュー200本を超えました♪ 月に約8本がDMMレンタルで、 残りは近所のDVDレンタル屋さんで借りてます。
[60]  [61]  [62]  [63]  [64]  [65]  [66]  [67]  [68]  [69]  [70
2017-12-15 [Fri]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007-07-04 [Wed]


レンタル開始日: 2005/05/27
製作年: 1977年
製作国: 日本
収録時間: 117分
出演者: 岩下志麻 原田芳雄 樹木希林(悠木千帆) 奈良岡朋子 横山リエ 神保共子

監督: 篠田正浩
製作: ----
脚本: 長谷部慶冶 篠田正浩
詳細: 原作:水上勉


この愛は、女が一生見ることの出来なかった美しい自然の中に溶け込むように消えていった…。大正七年、春まだ浅い山間の薄暮、おりんは、破れ阿弥陀堂で一人の大男(平太郎)と出会った。翌日から、廃寺の縁の下や地蔵堂を泊り歩く二人の奇妙な旅が始まる。ある日、木賃宿の広間で、酔客相手におりんが「八百屋お七」を語っている時、大男はその客に酒を注いだり、投げ銭を拾い集めていた…。


<瞽女は、耳も鼻も口も手足も、みんな阿弥陀さまににお預けしてるんじゃけに>

越後訛りが私の母とダブって見え、母に「瞽女さんて知ってる?」と聞いたら「見たことはないけど、冬の寒い時期に目の見えない女の人たちが三味線持って謡いながら流しをするんだよ。」と話してくれました。
そんな瞽女さんの中でも男性と寝てしまうと、規律によって仲間から外され「はなれ瞽女」となります。
優しくしてくれた「お母さん、お姉さん」と別れ、ひとりで生きていかねばなりません。

純朴な印象の訛りと快活な喋り。明るく優しく朗らかな笑顔。時折みせる心細げな表情。
女ひとり見えない目で旅を続けるなんて、どれだけ大変で切ないことか・・・
こんな人こそ幸せになってもらいたいなーと思いながら観賞しました。

志麻さんの魅力をじゅうぶん楽しめる作品だと思います。大満足!!!
だけどもっともっと、志麻さんの作品を観たいぞーーーーっ!
平太郎役の原田芳雄さん、私はこの方をみると昔から「ステキュ☆」と胸がトキメイテしまうのですよねぇ(*v.v)

あれ?気が多いかな?
PR
COMMENT
Name
Title
Color
Mail
URL
Text
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
TRACKBACK
TrackbackURL:
引越しのおしらせ
jyony (11/23)
『アポカリプト』
よよ(ラムでもアリ;; (05/10)
『アポカリプト』
Jyony (05/09)
『ハウルの動く城』
Jyony (05/09) 返信済
『親切なクムジャさん』
Jyony (05/09) 返信済
『蝿の王』
IIWorld (05/04) 返信済
『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』
くまんちゅう (04/10) 返信済
『あるいは裏切りという名の犬』
non (04/07) 返信済

Copyright © 汽車はまだ出発したばかり All Rights Reserved.
PhotoMaterial by Kun  Template by Kaie
忍者ブログ [PR]