忍者ブログ
汽車はまだ出発したばかり
映画レビュー200本を超えました♪ 月に約8本がDMMレンタルで、 残りは近所のDVDレンタル屋さんで借りてます。
[357]  [356]  [355]  [354]  [353]  [352]  [351]  [350]  [349]  [348]  [347
2017-09-24 [Sun]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008-02-26 [Tue]

ペット・セメタリー
貸出開始日: 2004/02/06
製作年: 1989年
製作国: アメリカ
収録時間: 103分
出演者: デイル・ミッドキフ フレッド・グウィン デニース・クロスビー ブレーズ・バーダール
監督: メアリー・ランバート





スティーブン・キングが自身の同名小説を自ら脚本化したホラー。ペット・セメタリー(動物墓地)の禁断の場所に埋葬された猫が生き返った!このことを知ったルイスが交通事故で死んだ幼い息子の遺体を禁断の場所へと埋葬することに…


<時には死のほうがいい>
生きているとあまりにも悲惨で過酷な出来事に遭うことがある。そして「この経験を生かして前に進もう」などとは到底考えられない事態にぶつかったとき「無かったことにしたい」と願うのは無理もない事だと思う。
まして最愛の息子を自分の不注意から死なせてしまったとしたら。
たとえどんなカタチでもいい、もう一度この手で抱きしめたい、体温を感じたい。想像もしたくないことだけど、私だったらそう思うだろう。

主人公の行為に「やめとけ~hh」と思いつつ、でもその気持ちもわからないでもなくて、衝撃的なラストも「まだ懲りないのか?やめとけ~hh」と思いつつ、そこでもまた同情してしまう。
イケナイことなのも上手くいきっこないことも、重々解っているのに不思議。


墓場から掘り起こされ蘇らされてしまった息子が「ずるい、すごくずるい」と言うのは、とても切なかった。
PR
COMMENT
Name
Title
Color
Mail
URL
Text
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
TRACKBACK
TrackbackURL:
引越しのおしらせ
jyony (11/23)
『アポカリプト』
よよ(ラムでもアリ;; (05/10)
『アポカリプト』
Jyony (05/09)
『ハウルの動く城』
Jyony (05/09) 返信済
『親切なクムジャさん』
Jyony (05/09) 返信済
『蝿の王』
IIWorld (05/04) 返信済
『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』
くまんちゅう (04/10) 返信済
『あるいは裏切りという名の犬』
non (04/07) 返信済

Copyright © 汽車はまだ出発したばかり All Rights Reserved.
PhotoMaterial by Kun  Template by Kaie
忍者ブログ [PR]