忍者ブログ
汽車はまだ出発したばかり
映画レビュー200本を超えました♪ 月に約8本がDMMレンタルで、 残りは近所のDVDレンタル屋さんで借りてます。
[309]  [308]  [307]  [306]  [305]  [304]  [303]  [302]  [301]  [300]  [299
2017-06-29 [Thu]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007-10-08 [Mon]
レンタル開始日: 2006/11/10 
製作年: 2005年 
製作国: イギリス 
収録時間: 128分 

出演者: レイフ・ファインズ ビル・ナイ レイチェル・ワイズ ピート・ポスルスウェイト ダニー・ヒューストン ユベール・クンデ 
監督: フェルナンド・メイレレス 
製作: サイモン・チャニング・ウィリアムズ 
脚本: ジェフリー・ケイン 
詳細: 原作:ジョン・ル・カレ 



情熱的な妻・テッサと外交官の夫・ジャスティンの駐在先のナイロビで暮らしていた。しかし、ある日テッサの死の知らせが届く。疑念に駆られたジャスティンは、妻の死の真相を独自に調べ始める。そして、アフリカで横行する薬物実験など彼女が生前暴こうとしていた多国籍業による巨大な陰謀を知る。やがて、彼が辿り着いたのは、恐るべき真相と悲しいほどに深く美しい妻の愛だった…。


命は地球より重く、その価値は誰にも平等であるはずなのに・・・・・
人を助けるはずの医療が、経済第一の企業になっている現実。
過去の血液製剤やMMRワクチン、タミフルなどへの対応の遅さをみても医療と経済、政治との裏の繋がりを感じてしまう。
ここに描いてあることも、まんざら嘘ではないと思ってしまうのだ。


最初は隠し事の多い妻に不倫疑惑を抱く夫だが、彼女の死後に真相をたどると彼女の真実がみえてくる。
曇った空がサーッと引くように。
雲は引いてもそこに新たな真っ黒い雲が見えてくるのだけれど。
なんとも重く切ない社会派映画であり、ラブストーリーでありました。

アフリカの村が襲撃をうけるシーンはつらかった;;
あれじゃほんとうに動物も同じ。
襲うほうは動物以下だけど。
PR
COMMENT
Name
Title
Color
Mail
URL
Text
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
TRACKBACK
TrackbackURL:
引越しのおしらせ
jyony (11/23)
『アポカリプト』
よよ(ラムでもアリ;; (05/10)
『アポカリプト』
Jyony (05/09)
『ハウルの動く城』
Jyony (05/09) 返信済
『親切なクムジャさん』
Jyony (05/09) 返信済
『蝿の王』
IIWorld (05/04) 返信済
『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』
くまんちゅう (04/10) 返信済
『あるいは裏切りという名の犬』
non (04/07) 返信済

Copyright © 汽車はまだ出発したばかり All Rights Reserved.
PhotoMaterial by Kun  Template by Kaie
忍者ブログ [PR]