忍者ブログ
汽車はまだ出発したばかり
映画レビュー200本を超えました♪ 月に約8本がDMMレンタルで、 残りは近所のDVDレンタル屋さんで借りてます。
[113]  [114]  [115]  [116]  [117]  [118]  [119]  [120]  [121]  [122]  [123
2017-09-20 [Wed]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007-03-28 [Wed]


レンタル開始日: 2005/10/28 
製作年: 2005年 
製作国: 韓国 
収録時間: 119分 

出演者: ハン・ソッキュ イ・ウンジュ ソン・ヒョンア オム・ジウォン 
監督: ピョン・ヒョク





 
刑事のギフンは妊娠中の妻を愛しながらも愛人と情事を重ねる。ある日、担当した殺人事件の被害者の妻に強烈に惹かれる。捜査が難航する中、愛人にも妊娠を告げられ…。



さすが韓国映画!血まみれです><
血の量は親切なクムジャさんがダントツですけれど。

イ・ウンジュはものすごくキレイだけど、歌の上手さは感激モノ!
いまでもメロディが蘇ってくる。


実際に血で書いた遺書を残して自殺したという彼女。
この映画が原因だと言われていますけど、ほんとうのところはどうなのでしょう。きっと誰にもわからないし本人にも説明ができないのではないのかな?
過激なベット・シーンを強要されたとも言われているけど、確かにセックスのシーンは生々しくて正直驚く。
撮影のために何度もやらされたとしたらかなりのストレスだろうな。みんな見てるわけだし。

でも私が一番怖いと思ったのは死に至るラスト30分。
監督に聞きたいけど、あれってやっていいこと?芸術という名目ならいいことなのかな?


例えば体中に血を塗りたくられて、棺にいれられ釘を打たれて、何日も放置されたら?それと変わらないと思う。
普通の精神では、いられなくなるよ。
韓国映画って好きだけど、女優の自殺が相次いでいるのも事実。
なにか現場に問題がないか、調べてほしいと思うほど。


*この作品はjyonyさんに教えていただきました  
PR
COMMENT
Name
Title
Color
Mail
URL
Text
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
TRACKBACK
TrackbackURL:
引越しのおしらせ
jyony (11/23)
『アポカリプト』
よよ(ラムでもアリ;; (05/10)
『アポカリプト』
Jyony (05/09)
『ハウルの動く城』
Jyony (05/09) 返信済
『親切なクムジャさん』
Jyony (05/09) 返信済
『蝿の王』
IIWorld (05/04) 返信済
『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』
くまんちゅう (04/10) 返信済
『あるいは裏切りという名の犬』
non (04/07) 返信済

Copyright © 汽車はまだ出発したばかり All Rights Reserved.
PhotoMaterial by Kun  Template by Kaie
忍者ブログ [PR]