忍者ブログ
汽車はまだ出発したばかり
映画レビュー200本を超えました♪ 月に約8本がDMMレンタルで、 残りは近所のDVDレンタル屋さんで借りてます。
[145]  [146]  [147]  [148]  [149]  [150]  [151]  [152]  [153]  [154]  [155
2017-05-28 [Sun]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2006-10-29 [Sun]


レンタル開始日: 2004/06/23 
製作年: 1977年 
製作国: 日本 
収録時間: 170分 

出演者: 島田正吾 大滝秀治 高倉健 丹波哲郎 藤岡琢也 浜田晃 加藤健一 江幡連 北大路欣也 三國連太郎 加山雄三 小林桂樹 東野英心 緒形拳 加賀まりこ 下條アトム 
監督: 森谷司郎 




明治34年末、日露戦争を目前にして陸軍は寒冷地教育の不足を痛感していた。ロシア軍と戦うためには雪中行軍をして、雪とは何か、寒さとは何かを知らねばならなかった。その行軍の目標となったのが生きては帰れぬ冬の八甲田であった…。「小説吉田学校」「日本沈没」の森谷司郎監督が、高倉健を主演に、壮大なスケールで描いたドラマ。
八甲田山 特別愛蔵版


新田次郎さんの「八甲田山 死の彷徨」を以前に読んだのだけれどDVDがあると知って、DMM単品レンタルで借りました。

日露戦争の直前、やがて訪れる厳寒の地での戦に備え「冬の八甲田に行ってみないか?」といわれてしまった2つの部隊

弘前第31連隊と青森5連隊は「八甲田山のどこかで会おう」と約束をして出発しますが、青森5連隊は199人の死者をだしてしまいます。

この二つの連隊の明暗を分けたものは何だったのか?
自然の厳しさと人間の驕りの醜さを思い知らされます。
戦争という状況下では、あまりにも人道的でなかったり非現実的なことを強要される。しかも気付かずに受け入れる。あるいは受け入れざるを得ないのが、なんともやりきれなく思います。




雪の白と夜の闇、それさえかき消す吹雪の激しさの中で、豪華俳優たちの顔を見分けるのは難しい(しかも若い!)ですが、案内人として雪山を歩く秋吉久美子さんはとてもキュートです。
PR
COMMENT
Name
Title
Color
Mail
URL
Text
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
TRACKBACK
TrackbackURL:
引越しのおしらせ
jyony (11/23)
『アポカリプト』
よよ(ラムでもアリ;; (05/10)
『アポカリプト』
Jyony (05/09)
『ハウルの動く城』
Jyony (05/09) 返信済
『親切なクムジャさん』
Jyony (05/09) 返信済
『蝿の王』
IIWorld (05/04) 返信済
『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』
くまんちゅう (04/10) 返信済
『あるいは裏切りという名の犬』
non (04/07) 返信済

Copyright © 汽車はまだ出発したばかり All Rights Reserved.
PhotoMaterial by Kun  Template by Kaie
忍者ブログ [PR]