忍者ブログ
汽車はまだ出発したばかり
映画レビュー200本を超えました♪ 月に約8本がDMMレンタルで、 残りは近所のDVDレンタル屋さんで借りてます。
[229]  [345]  [344]  [343]  [342]  [341]  [340]  [339]  [338]  [337]  [221
2017-09-20 [Wed]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008-01-08 [Tue]
*この記事は旧ブログに置いてきてしまったものを、一部修正して再掲していますmm




貸出開始日: 2005/05/13
製作年: 2003年
製作国: フランス/ルクセンブルグ
収録時間: 91分
出演者: オマー・シャリフ
監督: フランソワ・デュペイロン






世界各国で絶賛の嵐!新世紀版『ニューシネマ・パラダイス』! 恵比寿ガーデンシネマを中心に大ヒットロングラン上映、日本全国を温かな涙で包み込んだ珠玉の感動作!

「自分は親に愛されなかった」そう訴える声を聞くことがある。
親の愛情が子供の心まで届かなかった場合もあるだろう。
長い間すれ違う場合もあるだろう、あるいは気付かなかっただけかもしれない。
どうやって愛したらいいか、どうやって愛されればいいかわからない場合もあるかもしれない。

でも実際に愛されなかった場合も、あるのが現実なのだろう。

モモの場合はどのケースかわからないけれど、親なんかよりもっと大きくつつんでくれたのがイブラヒムおじさん、そしてコーランの花たちだ。
少年からオトナへ、ひょいと手を貸してくれたそんな存在。


悲しみに座り込むモモに娼婦のシルヴィがそっと肩を抱いて額にキスをする場面があった。
わたしもそんなふうに優しさを表現できる女性になりたいな。
「親に愛されなかった」人も「人間っていいな、生きるっていいな」って、この映画を見れば思えるかもしれないと私は思う。
PR
COMMENT
Name
Title
Color
Mail
URL
Text
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
TRACKBACK
TrackbackURL:
引越しのおしらせ
jyony (11/23)
『アポカリプト』
よよ(ラムでもアリ;; (05/10)
『アポカリプト』
Jyony (05/09)
『ハウルの動く城』
Jyony (05/09) 返信済
『親切なクムジャさん』
Jyony (05/09) 返信済
『蝿の王』
IIWorld (05/04) 返信済
『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』
くまんちゅう (04/10) 返信済
『あるいは裏切りという名の犬』
non (04/07) 返信済

Copyright © 汽車はまだ出発したばかり All Rights Reserved.
PhotoMaterial by Kun  Template by Kaie
忍者ブログ [PR]