忍者ブログ
汽車はまだ出発したばかり
映画レビュー200本を超えました♪ 月に約8本がDMMレンタルで、 残りは近所のDVDレンタル屋さんで借りてます。
[351]  [350]  [349]  [348]  [347]  [346]  [232]  [229]  [345]  [344]  [343
2017-11-19 [Sun]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008-02-04 [Mon]

貸出開始日: 2004/02/16
製作年: 2002年
製作国: スペイン
収録時間: 113分
出演者: ハヴィエル・カマラ ダリオ・グランディネッティ レオノール・ワトリング ロサリオ・フローレス






昏睡状態となり眠り続けるバレリーナと女闘牛士。話しかけられ、触れられた一人の女に、愛の軌跡が訪れる…。

<寂しい人生だった>
すぐには感想が書けないタイプの作品でした。
それぞれの立場から見るとあまりにも切なくて重いけれど、ペニグノの愛は本物だったと思う。間違っていたけれど本物の愛で、彼にとってはこんな風にしか愛を表現できなかったのだろう。
(本物の愛ってなに?とか突っ込まないでクダサイ)
もちろんアリシアにとっては身の毛もよだつ話かもしれないが、もしかしてアリシアだって表現ができなかっただけで、動けない体、見えない目でも彼の愛情を受け入れていたのでは?ひょっとして幸せだったのでは?とさえ思ってしまう。
そうであって欲しいと願ってしまうこと事態がストーカー擁護のようでまた複雑ではあるのだけれど。

いつも涙目のマルコの表情と共に、グルグルグルグルといつまでも私の頭の中をかけめぐります。

バレエの先生としてでていた女性は、チャップリンの娘さんだそうで・・・
「おぉぉぉ・・・・」という感じです。
↑だからなに?とか言わないで;;
PR
COMMENT
Name
Title
Color
Mail
URL
Text
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
はじめまして
僕のブログの方にコメント残していただきありがとうございました。
僕が書いたことも影響して、この作品を見ていただけたなんて、うれしいです。。

『トーク・トゥ・ハー』いい作品ですよね。
重さがあるというか、目で観るというより、心で観れる映画って感じですか。
(生意気言ってスイマセン)

こちらこそ、よよさんの書き込み参照にさせていただきます☆
GK URL 2008/02/09(Sat)13:00:55 編集
Re:はじめまして
お越しいただいてありがとうございます♪
どうか仲良くしてくださいね☆

管理者:よよ。 2008/02/12
こんばんは
エディタ・コミュニティから来ました。

この作品はとても奥が深い物語でしたね。
いろいろと考えさせられました。

ベニグノはとても純粋だったんでしょうね。
女性への愛=“女性の美しさ”、
女性を崇拝しているというか高潔なものに
なっていたような気がします。

とても重い内容でしたが、
ラストの小さな希望で心救われた気持ちになりました。
Toy's URL 2008/02/16(Sat)21:19:33 編集
Re:こんばんは
ブログにお越しいただいてありがとうございます。
しかもこんなにお返事が遅れてしまって申し訳ないです><
懲りずにまたいらしてください

この作品はアルモドバル監督の”女性賛歌三部作”の2番目だそうですね。
一作目の「オールアバウト・マイマザー」は私にはしっくり来ませんでしたがこの作品はまさに女性賛歌だと思いました。
3作目にあたるボルベールも是非見たいと思っています^^
管理者:よよ。 2008/02/26
TRACKBACK
TrackbackURL:
引越しのおしらせ
jyony (11/23)
『アポカリプト』
よよ(ラムでもアリ;; (05/10)
『アポカリプト』
Jyony (05/09)
『ハウルの動く城』
Jyony (05/09) 返信済
『親切なクムジャさん』
Jyony (05/09) 返信済
『蝿の王』
IIWorld (05/04) 返信済
『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』
くまんちゅう (04/10) 返信済
『あるいは裏切りという名の犬』
non (04/07) 返信済

Copyright © 汽車はまだ出発したばかり All Rights Reserved.
PhotoMaterial by Kun  Template by Kaie
忍者ブログ [PR]