忍者ブログ
汽車はまだ出発したばかり
映画レビュー200本を超えました♪ 月に約8本がDMMレンタルで、 残りは近所のDVDレンタル屋さんで借りてます。
[208]  [209]  [210]  [212]  [213]  [214]  [215]  [216]  [217]  [218]  [220
2017-11-23 [Thu]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2006-05-19 [Fri]
貸出開始日: 2002/10/25 
製作年: 2000年 
製作国: チェコ 
収録時間: 167分 
出演者: ヴェロニカ・ジルコヴァー ヤン・ハルトゥル ヤロスラヴァ・クレチュメロヴァー バヴェル・ノヴィー 
監督: ヤン・シュヴァンクマイエル 




民話を基にしたダークホラー。子供のいない妻を慰めようと、夫・ホラークは木の切株を赤ちゃんの形に削ってプレゼントする。夫人がその切株に本物の子供のように接する内に、チェコの民話と同じように切株は生をうけ、周りのものを食べ尽くしていく…。

ヤン・シュヴァンクマイエル監督の作品
友人のススメで初めて知り、さっそくDMMでレンタルしました

そこには夢と現実が交錯した不思議な感覚が!

子供を授かれなくノイローゼのようになった妻に、夫は人型をした切り株をみせる
妻はすっかりソレを自分の子供だと思い込み、育て始めるのだが・・・・・


ちっとも可愛くない女の子とオテサーネクが終盤では可愛く見えるのは
ヤン監督の世界に入り込んだため?
オテサーネクが丁寧に石鹸まで使って手を洗うシーンがたまらないw
そのシーンから彼の悪意のなさを感じて、微笑みながらも切なくなりました


劇中で語られるオテサーネクの童話はハッピーエンドだけど、どう考えてもあの人、肉と骨が離れちゃってるし物理的にはムリだろうなぁ・・・

映画ではどうなの!?最後のシーンはもう少し先まで見せてぇ〜〜〜><とテレビの前でジタバタしてしまった

いやぁ・・・・みたくないものが出てきたら困るんだけどね(;・∀・)


かなりの衝撃ではありましたが、この作品はヤン監督を知る人にとっては醍醐味に達していないとか・・
初心者の入門編としてはピッタリといったところでしょうか。


ほかの作品もぜひ見てみたい!
PR
COMMENT
Name
Title
Color
Mail
URL
Text
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
TRACKBACK
TrackbackURL:
引越しのおしらせ
jyony (11/23)
『アポカリプト』
よよ(ラムでもアリ;; (05/10)
『アポカリプト』
Jyony (05/09)
『ハウルの動く城』
Jyony (05/09) 返信済
『親切なクムジャさん』
Jyony (05/09) 返信済
『蝿の王』
IIWorld (05/04) 返信済
『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』
くまんちゅう (04/10) 返信済
『あるいは裏切りという名の犬』
non (04/07) 返信済

Copyright © 汽車はまだ出発したばかり All Rights Reserved.
PhotoMaterial by Kun  Template by Kaie
忍者ブログ [PR]